稼げるシステム・儲ける・継続的な収入を得るためのサイト

即、お金が稼げる転売

 

買い手がいれば即お金を手にすることが出来る転売。

 

 

 

家にあるいらなくなった物を売ってもよし、
安く仕入れて高く売るもよし、
貰ったものを売ってもよし。

 

 

 

やり方は自由で数万円から十数万円は稼げるものです。

 

 

 

日本国内に留まらず、仕入れ先を全世界に広げれば
為替相場や商品の価格差からかなりの利益を生み出します。

 

 

 

転売は、せどりとも呼ばれていますが、古物を扱いますので、まずは古物商の許可を受けて下さい。

 

 

 

許可を受けたあとは、何も気にせずガンガンに売りまくりましょう。

 

 

 

あなたは転売に最も必要な作業は何か知っていますか?

 

 

 

転売の最も重要な作業は、一にも二にもリサーチなのです。
しかも、転売と言っても売る商品は多種多様で無限にあるわけです。

 

 

 

よって、オールラウンドで戦うのは危険と言えます。
また、ライバルの多いジャンルで勝負すると利益率も下がり、結果的に儲けることができず中途半端に終わってしまうのは目に見えています。

 

 

 

なので、自分はこのジャンルで戦うと決めたら、最後までブレず結果を出すまでとことん頑張るのです。

 

 

 

転売は他のビジネスと違って、そこに存在するものを売るわけですから騙しは効きません。

 

 

 

そのものに価値があるのか?それともないのか?あなたの目利き次第なのです。

 

 

 

私も転売で稼いできましたが、他のビジネスと比べて一番白黒はっきりして稼ぐ点では最も手応えがあったビジネスです。

 

 

 

思い切ってやるだけやってみて、結果が楽しみなビジネスの一つでもあります。

 

転売する商品を仕入れる

 

では、本題に入ります。

 

 

 

転売の基本は、ないものを売るわけではありません。

 

 

 

実際に手にあるものを売るわけですが、そこにも裏技がありますので後々紹介します。

 

 

 

まず、売るものがないと商売は成り立ちません。

 

 

 

よって売る商品を仕入れるわけですが、その仕入れる商品は当然、仕入れ値が安いほど利益率は高くなります。

 

 

 

なのに多くの人は良いものを売ろうとそこそこ高いものを仕入れます。

 

 

 

私に言わせれば、ご苦労様という感じです。

 

 

 

安いものを仕入れるなら、まず中国製品に目を向けるべきです。

 

 

 

中国には沢山の輸入サイトがあります。

 

 

 

 

これらのサイトを一度覗いてみるといいでしょう。

 

 

 

ないものがないと言うくらい色々なものが揃ってます。

 

 

 

少し話が逸れますが、こんな方法で商品を仕入れることも
出来ます。

 

 

 

世の中にはタダで手に入るものがゴロゴロしています。

 

 

 

普段は意識してないと思いますが、街を歩けば価値ある
ものがタダで手に入ります。

 

 

 

あなたにとっては価値がないものかも知れませんが、
ポケットティッシュや化粧品、サプリメントのサンプル、
イベントの団扇など.。

 

 

 

一つの例ですが、

 

TV局に行くと番組名の入ったボールペンやグッズ等が
貰えたりします。

 

 

 

コレクターにしてみれば喉から手が出るほど欲しい物です。

 

 

 

私が個人的に好んで集めた物には、車やバイクのカタログもあります。

 

 

 

ディーラーに行けばタダで貰え、売る時は高ければ一冊

 

 

 

2千円〜3千円で売れることもあります。

 

 

 

押し入れにストックするくらいの気持ちで街に出て
タダで価値ある商品を仕入れてみてはどうでしょうか?

 

何を仕入れたら良いのか?

 

何を仕入れたら良いのか?
それは単純に売れるものです。

 

 

 

また高く売れるジャンルも探します。
ですが、利益を出すためにできるだけ安いものをです。

 

 

 

とは言っても、何が売れるのかわかりませんので、
その前にしっかりと調べる必要があります。

 

 

 

何をどうやって調べれば良いのか?
ググって調べるのもいいですが、
みんなと同じことをやっていても競合して
思った以上に利益が出ないものです。

 

 

 

転売やせどりのリサーチをする上で無くてはならないツールがあります。それは、「モノレート」 というものです。

 

 

(モノレート)

 

 

このサイトは無料で使え、検索窓に商品名を入れるだけで、その商品のAmazonでの新品の相場や中古の相場を調べることが出来ます。

 

 

 

また、商品の最安値、出品者数、ランキングがグラフでわかるため、売りの狙い時を知ることが出来ます。

 

 

 

Amazon 売れ筋ランキングも一緒に活用して下さい。

 

 

 

この2つを組み合わせることで、無駄なリサーチが省けます。

 

 

 

(Amazon 売れ筋ランキング)

 

 

オークションで稼ぐ

 

 

オークションと言えばヤフオクや楽天があります。
オークションに出品さえすれば稼げると思いきや
そうではありません。

 

 

 

安いものを仕入れて高く売る。また更に安いものを
仕入れて高く売る。

 

 

 

この繰り返しでどんどん稼いでいくのがオークションですが、
必ず商品を仕入れる必要があります。
しかも同業者に対して差をつける必要もあります。

 

 

 

それには、同業者と同じ場所で仕入れたり
同じ商品を仕入れてては中々稼げません。

 

 

 

やはり同業者の上を行くには、綿密なリサーチをして
誰も仕入れないような良品を見つけなければなりません。

 

 

 

海外の安い商品を国内で高く売る。
また、国内の安い商品を海外で高く売る。

 

 

 

そのためポイントはしっかり押さえておきましょう。

 

 

  • 商品の写真は数枚載せる。
  •  

  • 商品が検索に引っかかりやすくするため、

    キーワードをたくさんいれる。

  •  

  • 商品の説明は細かく、誰が見ても欲しがるような

    文面にする。

  •  

  • 最初から高額の値をつけない。
  •  

  • 即決価格を設定すると売れやすい。
  •  

  • 出品期間は短くする。

 

 

 

とにかくどんな物が売れてるのかをしっかり
リサーチして出品することです。

 

 

 

リサーチの方法は色々ありますが、
「オークファン」という過去10年分の
オークション落札価格が見れるものを
利用するのも良いでしょう。

 

 

 

高く売れたもの。
数多く売れたもの。

 

 

 

落札価格の相場から利益率の高いものを選ぶ。
また何のジャンルが売れたのか?
入札件数が多かったもの。
いろいろヒントになります。

 

 

 

中国製品のノーブランドは安くて商品数も多いので
オススメです。

 

 

 

海外のオークションサイト ebay(イーベイ)


転売で差がつくのは、リサーチ力

 

 

普通の人は、ここまでサイトのページを見ることが
ありません。

 

 

 

しかし、ここまで見てくれたあなたに敬意を表したいと
思います。

 

 

 

上から目線で申し訳ありませんが、今から話す内容は少なくとも転売で成功するために必要なノウハウなので、しっかり頭の中に入れておいて下さい。

 

 

 

転売は安いものを仕入れて高く売ることが基本ですが、
労力という観点では非常に重労働です。

 

 

 

なぜなら、安いものを求めてあちらこちら遠いところでは
何十キロも離れた所まで仕入れに出向きます。

 

 

 

それでは、ガソリン代や時間など必要以上に無駄に使って
しまうことになってしまいます。

 

 

 

そんな無駄な時間や労力を使わなくてもいいように、
今から必要最低限なノウハウをお教えしたいと思います。

 

 

 

しっかり頭の中に叩き込んで下さい。

 

 

 

転売は、安いものを仕入れて高く売るだけが能じゃない。

 

 

 

その差額だけで利益を得ようとしても限界があります。

 

 

 

そんな限界を感じていたんでは、収益に伸びはありません。

 

 

 

転売の醍醐味は、自分で仕入れたものがどれだけ高価に
売れるかです。

 

 

 

つまり、自分の選んだ商品にどれだけプレミアがつくのか
です。

 

 

 

付加価値をつけることによって、転売の旨味があるのです。

 

 

 

ただ、漫然に仕入れ→売りを繰り返してては普通の転売
商人です。

 

 

 

やるならとことん一番を目指してやるべきです。

 

 

 

一番の転売職人を目指して頑張って欲しいものです。

 

 

 

それでは、転売職人になってもらうためのノウハウを
紹介します。

 

 

 

そのノウハウとは、ズバリ 「リサーチ力」 です。

 

 

 

何だぁ〜、そんなこと誰でも知ってるわぁ〜と言う声が聞こえてきました。

 

 

 

そうなんです。誰でも知ってることなのです。

 

 

 

その誰でも知ってるリサーチ力がないから、誰でも知ってるのに稼げないのです。

 

 

 

転売には商品を扱うわけですが、新品から中古まで様々な
ものがあります。

 

 

 

家電、服、本、玩具、CD等何でもあります。

 

 

 

これら全てを取り扱うとリサーチが大変なので、どれか一つか二つに絞るといいでしょう。

 

 

 

あくまで転売職人を目指すのであれば、一つに絞ってそのジャンルのプロになることです。

 

 

 

新品、中古は問いませんが、仕入れ値が安いのは当然中古です。

 

 

 

そこで、中古で最も仕入れ値が安く転売しやすい本を
例に取って話をして行きます。

 

 

 

リサーチの方法は色々ありますが、本のことを徹底的に
勉強して強くなることです。

 

 

 

その場限りのリサーチで本を転売していても、知識もつかず結局プレミア本を逃して普通の転売商人で終わってしまいます。

 

 

 

この先長く転売で稼いで行くなら、とことん勉強して知識を
頭にぶち込み、目利きでプレミア本を手に出来るようにして
下さい。

 

 

 

世の中の人は、欲しいものをなるべく楽して手に入れたいと思っています。

 

 

 

欲しいものがあるのに、探すのが面倒臭いと感じているの
です。

 

 

 

そこで代わりに転売職人が探して売ってあげるのです。
面倒臭いことを楽にしてあげる。

 

 

 

つまり、欲しいものを探すのが面倒臭いと思ってる本を
代わりに探してあげて、対価としてお金を頂くわけです。

 

 

 

探すのが面倒臭い本というのは、ネットで探しても中々
ありません。

 

 

 

なので、プレミアがつき高値で売れるのです。

 

 

 

では、探すのが面倒臭い本とはどんな本なのか?

 

 

 

まず、調べれるものは全て調べて下さい。

 

 

 

 

@発行部数の少ない本。

 

 

A人気ある作者のマイナー本。

 

 

B中高年コレクターに人気ある本。

 

 

Cカラー作品が珍しい本。

 

 

Dパチンコ台、パチスロ台に使われたキャラクター本。

 

 

E週刊マンガ本で、人気あるマンガの第一話が掲載されているもの。

 

 

F掲載中に出版社に動きがあって廃刊になった本など、珍しい出来事を含んでるもの。

 

 

G作者が途中で変わり、新しい作者で売れている本の前作者の本。

 

 

H中高年層の青春時代を甦らさせる本。

 

 

 

 

 

ターゲットは、大人買いが出来る中高年層です。

 

 

 

昔を懐かしむことが好きで、趣味に関してはお金を沢山使う傾向があります。

 

 

 

また、自分で欲しい本を探すことに面倒臭さを感じる世代
でもあります。

 

 

 

マンガ本なら、全巻揃うものが狙い目です。

 

 

 

ジャンルによってプレミア感も違いますし、リサーチの方法も変わってきますので、しっかり勉強をして色々なジャンルのプロになって下さい。